新宿御苑 一般メンズエステ matom(マトム) 

iine01

価格:100分 / ¥18000- 【割引利用有】
※エステーションを見た!で新規100分以上2000円OFF 
※エステーションだけの超割引だとさ。

部屋:ワンルーム

紙パンツ:横スカTバック

オイル塗布:大量

施術
揉み解し:★★☆
キワキワ:★★★★★
さわさわ:★★★★
ドキドキ:★★★★

SKBサービス
カエル
子鹿のポーズ
下っ腹
コマネチ

ドキドキレベル:★★★★★
星5つ

★紙パンツ太郎的ポイント★
容姿クオリティー高め
コスチューム最強
ラグジュアリーなお部屋

----------------------------------------------------------------------
新宿御苑 一般メンズエステ matom(マトム) 

前々から気になっていたここマトム

ようやく行く機会があり行ってきましたよ!

大人のエロさって言うのかなー。
うん、良いと思う。とても興奮冷めやらん時だった。

予約をしていざ出陣!

御苑の駅からすぐにある
ひっそり系のワンルーム堅

玄関を開けると、
ラグジュアリー感溢れる大人な空間
そして色っぽい、エロっぽい?w
セラピストさん。

何とも落ち着いた感じ。

マジで恋する5秒前的な?w
懐かしいと思ったそこのあなた!同世代www

そしてお支払い&お茶&シャワー。

ここの紙パンツは
黒・ピンク・水色と。

横スカが3種類www

色だけ選べるというちょっと面白い感じだw

そして
横スカでブラブラさせたままいざ戦場に!

先ずは、サワサワフェザーからスタート。
(コレはこのセラピストさんならではかも知れない。)

全身を超絶妙フェザーでスタート。

zawazawa

体の力を自然と抜かれそして心を開かせる

スタートダッシュフェザー
名付けて、SDF!

まったりしたところでオイル塗布。

足元からゆっくりと丁寧に。

付け根までしっかりストローク。
大量のオイルでお尻の割れ目からSKBにかけてが
びっちゃびちゃ。

そこを狙ったかのように
フクロウへのご挨拶。

ウッホホー┗┐<(・ω・)>┌┛

タッチがプロだ!
こらプロだ!!

期待に胸を膨らませ
カエル足。

とてつもなくロングなストロークで
攻め立てる。

足の付け根からB地区まで届くのではないか?
と言うくらいのロングなストローク。

この最中で
SKBから横スカを旨く利用した
最高級のガッツリSKB。

コレだよコレ!

こういう技というか
大胆さというか

コレこそがメンズエステだと感じてしまう。

カエル足で、
ここまで急激な成長をみせたのは
久々ではないであろうか・・・

そしてお尻へ。
(フクロウも交えた絶妙技)

極上フェザータッチがここでも光る。

くすぐったいが気持ちいいって
自分がドMだと痛感してしまう瞬間である。

年々フェザータッチが良いものだと
分かってきてしまっている。

ビールが飲めるようになった時。
牡蠣がおいしく感じるようになったとき。

それと同じような、大人の味なのかのしれないw

そして背中、
一通り圧のきいたトリートメントを行い

そして子鹿のポーズ。

ここでも来ました
極上フェザータッチ

かなりガッツり来ますよ。
ヨダレものw

腰が「DA PUMP」のように踊る。
EXILEではなくDA PUMPのチョイス。
シブいだろ?みなのもの。懐かしんでくれ!w

新宿御苑 一般メンズエステ matom(マトム) 

仰向け。

足元、
太ももから大量のオイルと優しいタッチ。

そして
立膝でSKBをキワキワエステ。

あたるフクロウ、
かすれるSKB。

元気MAX

そして真ん中入ってSKB。
赤ちゃんポーズである。

ロングストロークが際立つ。

B地区あたりまで延びる指先。
そしてなぞるSKB。

紙パンツの向こう側まで
しっかりと。

これぞプロの技。

というかこういう
セラピストさんはやっぱり人気でるだろうなー。
と本気で思ってしまう。

最後には、
添い寝風な濃密な時間を楽しみ

お時間終了。

それから・・・
何度か行ってみている。

セラピストさんの
見た目&スタイルクオリティーは

相当高い。

施術はコスチュームがドキドキムフフなだけに
ベースとして満足度は高めだが
セラピストさん次第での差は流行り否めない。

是非素敵な良い子で自分に合った子探して欲しい(*´꒳`*)

新宿御苑 一般メンズエステ matom(マトム) 


ご理解頂きたい事
あくまで超主観的な内容と感想と表現なので、必ずしもこの内容ではないし性的興奮を煽るようなものでは決してないことは理解して欲しい。※(内容やサービスが異なることは予めご理解頂きたい。)そしてかなり独自の独特な言い回しをしている。私が伝えたい内容と捉え方によって違う解釈になってしまうこともあるかと思うので、ブログ記事としての読み物的な感覚で面白おかしく見て頂くことが私の本意である。
今すぐ予約可能なお店