西武新宿 一般メンズエステ Paris(パリス) 

good

価格:120分 / ¥17000- (コース+オプション) 【割引利用有】
※エステーションを見た!で1000円OFF

部屋:マンション各部屋割り振り

紙パンツ:横スカTバック

オイル塗布:普通

【施術】
揉み解し:★★☆
キワキワ:★★★★
さわさわ:★★★★★
ドキドキ:★★

【鼠径部サービス】
カエル
四つん這い
横向き
コマネチ

ディープレベル:★★★
星4つ

★★紙パンツ太郎の一押しポイント★★
大人女子専門店
ハードでディープな世界
お手軽価格

----------------------------------------------------------------------
西武新宿 一般メンズエステ Paris(パリス) 

年度初め・・・
皆さん疲れもそろそろ出てきたころだろう・・・、

愚痴もいいたいし、癒しも欲しい・・・。

分かるよ~わかる。

そんなときは
大人女子メンズエステに行こうよ!

さてさて、

先ずはお電話で予約。

それなりに人気もあるお店なのかな?
予約はちょっと待つ感じだったりもするっぽい。

そしてご対面は、
つやっぽいまさに大人女子。

お茶&お支払い

からのシャワー。

シャワールームには、
横スカメインで置いてある。

これはとても選びやすいよね٩(•౪• ٩)

そしていざ施術ルームに戻り、

指圧からのスタート。
さくっと指圧を済ませ、 

 

パウダートリートメント。

手馴れた手つきで、
サワサワ地獄のスタートである。

ここで先ずはよがってもいいのよ♡
と言わんばかりの・・・、

キワキワまでしっかりと
サワサワのゾワゾワ。

背中も
サワサワのゾワゾワ。

先ずは心を開け!
ということなのだろう
(…と勝手に解釈w)

そして一通り体をよじらせもだえたところで
オイルを背中に落としていく。

優しくもしっかりとしたオイルトリートメント。

そして足元。

優しくエロさを感じさせる手つきである。

そのまま全体的に伸ばしつつ
すっごい勢いで、
フクロウへのタッチがあるんだなこれがwww

 

そこから早い段階でカエル足。
足絡めるタイプである。

カエル足
すっごい長い時間行われる。
さすがっすよ、大人女子。

こっちが
欲しい時間をわかっていらっしゃる。

優しさで包み込むような
まろやかなタッチである。

まろやかなタッチは本当に良い。
声漏れちゃうほどに良いw

上から下からSKBへの
ソフトアクション。

そして時よりぐいっと、フクロウを・・・。

このセラピストさんは
フクロウへのアプローチがまあ凄い。

フクロウがムササビになってしまうんじゃないのかな?
ってほどフクロウ地獄w


横スカのスカをすかして
スカスカ来る感じである。

うんうん、テクニシャン!!

そんで次にお尻と腰。
これはさらっと流そう。

からの四つん這い

テクニックが輝く四つん這いである。

ここでもフクロウへのアプローチがメインともいえる。

そしてB地区。

コロコロが凄い。
B地区コロコロ。

com-resize-41

コロコロコロコロ。

凄い!w

からの
横向きSKB

横向きでも足を絡めるパターン。
そしてフクロウコロコロ。
 
com-resize-41
 

コロコロコロコロ。

何とも刺激の強い
顔色なども伺いながら
ポイントリサーチを怠らない熟練の洞察。
 

 

仰向け。

先に言おう。

ディープな世界だよw
ほんとに。

 

デコルテ。
両膝は、耳のすぐ横。

目を開ければそこには・・・。 

ド正面には、お・・・おおお!

そしてそのままの位置で
へそ周りまで体を倒してトリートメント。

角度が変わりまた
ド正面には、お・・・おおお!

その体勢を貫きつつ
SKBとフクロウを中心的に行う。

スーっと伸びる手が
ゾクゾクとしてらまらない。

そして何かとフクロウへのプローチ。

この手つきは本当に凄い。

うどんとかそばこねさせたら
多分めっちゃおいしいのができるんだろう。 

そして足元へ体勢チェンジ。

といってもSKBだけを永遠と。

その流れで馬乗りへと移動。

抱き起こされて・・・

そして終了の合図。

物言わずにディープな世界を提供してくれる
男を分かっているこの雰囲気。

そして安心感。

大人女子はコレだからはまっちゃうんだよなー。

西武新宿 一般メンズエステ Paris(パリス)  


ご理解頂きたい事
あくまで超主観的な内容と感想と表現なので、必ずしもこの内容ではないし性的興奮を煽るようなものでは決してないことは理解して欲しい。※(内容やサービスが異なることは予めご理解頂きたい。)そしてかなり独自の独特な言い回しをしている。私が伝えたい内容と捉え方によって違う解釈になってしまうこともあるかと思うので、ブログ記事としての読み物的な感覚で面白おかしく見て頂くことが私の本意である。