日暮里 一般メンズエステ Bemajo(ビマージョ) 

saiko

価格:120分 / ¥16000- (コース15000+オプション1000) 【割引利用有】
※エステーションを見た!で1000円OFF

部屋:マンション各部屋割り振り

紙パンツ:横スカTバック

オイル塗布:普通

【施術】
揉み解し:★★★
キワキワ:★★★★★
さわさわ:★★★
ドキドキ:★★★

【鼠径部サービス】
カエル
下っ腹
コマネチ

ドキドキレベル:★★★
星3つ

★★紙パンツ太郎の一押しポイント★★
大人の優しさと色気を感じさせてくれる。
安らげる。安心できる。
ピンクの横スカタイプ!

----------------------------------------------------------------------
日暮里 一般メンズエステ Bemajo(ビマージョ) 

こんな風に思うことはないだろうか?

なぜだろう。
この時期、男もしっかりと甘えたくなる。

寒いから?
年末年始の疲れ?

この時期は甘えたい、安らぎたい

私は凄く思ってしまう。


そんな時はメンズエステ!

よし、久々に大人女子に甘えよう!


グラマーな爆OPI(*´艸`*) 

相当なもんだ。

そして柔らかそうなその肌。

この手のタイプのセラピストさんは決まって
やり手であるwww

先ずは、
簡単なトリートメントを全体に。

その後で
足のオイルトリートメントがスタート。

丁寧に脹脛を色々なタッチでこなす。

そして徐々に上がってきて太もも、そしてキワに指先が。

太ももからSKB辺りを重点的に勧めてくれる。

フクロウ、※印を
ホロホロっと( ゚Д゚ノノ☆

太ももへ戻りまた 
ホロホロっと( ゚Д゚ノノ☆ 

そして少し腰を浮かせてくれとの指示。
つま先がしたにヌルっと侵入。

つま先を動かして・・・横っ面にムニムニっと。

指先がしっかりと当たっているのが伺える。

ある意味指先の如く!!!www

そして足のストレッチ。

大きな大きなそのOPIにムニッと足を埋めさせてくれる。

その後で何の気にしにフクロウいじ~り。

チョキのような指先だろうか。
フクロウとSKBの隙間に挿入。

ムニムニっと ( ゚Д゚ノノ☆

腰が浮く。

そしてそれを見てフフフっと。

大人な対応。

神対応(人ω・*)

そしてカエル足。

入ってくるてはキワにガッツリカスリまくる。

確信犯だ。
これは当り屋ですw

したから入ってくる手は、
フクロウと※印辺りもしっかり捉える。

勿論逆足でも繰り広げられる。

 そして背中。

元々のオイルトリートメントスキルが高いので
ほぐし効果もバッチリと。 

日暮里 一般メンズエステ Bemajo(ビマージョ) 

仰向けの開始の合図は、
窒息死しそうなデコルテタイム。

そう、
乗っかりTIMEである。

ムニ、というか 、ブニっとめり込む顔。

張りのある大きなそれは
マシュマロとかそんな生易しいものではない。

高級な体反発マクラに顔を埋めるようなその心地よさ。

高級感、贅沢間を味わえるその弾力間。

ニヤニヤがとまらない。

 そこからの足元。

は置いといて!

SKB周りのご紹介をもうさせてくれ! www


カエルにして押さえつけられる。

そしてSKBを優しく撫でる指先。

なんという安定感と安心感。

元気になっていいですよね?
ちょっとはみ出しててもいいですよね?

といいたくなってしまうその包容力すら感じさせてくれる
手つきと落ち着きようにもう全てをうばわれてしまうくらいだ。

そこから最後には横にきて、
太ももで優しく私の下半身~下腹部にかけてを撫で回す。

手も交えてB地区当りもドヤ顔で。

なんだろう。「好きにして?」 乙女になったようにそんな言葉がでそうになる。


最後もガッツリ攻めの姿勢が強いSKB。

久しぶりだ。
もっと、もっと甘えてもいいですか?

そんな 言葉すら出そうになる施術。

大人女子。
やっぱりたまに来るとはまってしまいそうだ。

うん、もう一店舗ある大人女子の店。明日いこう! 

そう思って 店を後にする。
もう一店舗も良い安定感の安らぎを得た。

直ぐに報告しよう。

寒い季節は寂しい心を作ってしまう。 
そんな心を大人女子は受け止めてくれる。 

リラクゼーションを心底を感じる施術だったな。 

 日暮里 一般メンズエステ Bemajo(ビマージョ)


ご理解頂きたい事
あくまで超主観的な内容と感想と表現なので、必ずしもこの内容ではないし性的興奮を煽るようなものでは決してないことは理解して欲しい。※(内容やサービスが異なることは予めご理解頂きたい。)そしてかなり独自の独特な言い回しをしている。私が伝えたい内容と捉え方によって違う解釈になってしまうこともあるかと思うので、ブログ記事としての読み物的な感覚で面白おかしく見て頂くことが私の本意である。