飯田橋 一般メンズエステ Aroma Paraiso LADY(アロマパライソレディ) 
saiko_SP

価格:120分 / ¥19000-

部屋:マンション各部屋割り振り型

紙パンツ:横スカTバック

オイル塗布:普通~多め

施術
揉み解し:★★★
キワキワ:★★★★
さわさわ:★★★★
ドキドキ:★★★

※安定感!

SKBサービス
カエル
子鹿のポーズ
横向き
下っ腹
コマネチ

 

ガッツリレベル:★★★★
星4つ

★紙パンツ太郎的ポイント★
大人女子の専門店
駅からのアクセス超良好!

----------------------------------------------------------------------
飯田橋 一般メンズエステ Aroma Paraiso LADY(アロマパライソレディ) 

またしても
大人女子の楽しいお店を見つけてしまった…。

30代以上の安定感。
これはなんとも言えないドキドキと癒し。

これぞメンズエステ!だなーと感じたり。

ともあれ早速内容を!

駅から超近いという好立地。
正直この時期には最高である。

無駄な汗を流さずとも部屋までいけるのはかなりよい。

そしてお出迎え。
しっとり美白の美人大人女子。

物腰の緩さがとても興奮をそそる。

直ぐにお支払い&シャワーへと。

おっと!戦闘服は
横スカタイプじゃないですか!

よしゃ!と気合十分に
施術ルームへ。

指圧。
全体的にゆったりと。

そして背中にオイル。
優しくゆったりとしたオイルトリートメント。
そのまま足元も同様に進み、、、

カエル足

深くそして大きな動きで
SKBへとアプローチ

ゆっくりと優しい指先が
フクロウへと深くアプローチするのが

とてつもなくたまらない(*థ౪థ)

単純に気持ちよすぎるwww

カエル足を戻すがてら
そのまま足を太ももの上に乗せて

SKBに手をグイグイ突っ込む。

かする。

急なその大胆さに
SKBでも元気いっぱいにwww

そして両足を終えると
小鹿のポーズ

下からテロ~ンとさする様な手さばきでのSKB
に付け加え、

B地区も至れり尽くせりの

両刀攻撃。

B地区が弱いことを察するや否や
重点的に・・・。

やんわり大人の色気たっぷりのSっけである。

たまらない。
とてつもなくたまらない。

一瞬なりとも奴隷になりたいと思ってしまった自分・・・。

₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾ ヌヘヘ

飯田橋 一般メンズエステ Aroma Paraiso LADY(アロマパライソレディ) 

仰向けの順番・・・
ちょっと忘れてしまっているのだが、

先ずは
デコルテのOPI乗っかりTIMEからだったか・・・。

枕元から
超ロングストロークでグイグイと。

そして足元へ。

そのまま何も言わずに横へ来て
SKB周り&下っ腹をこれでもかと言わんばかりに
ぐりっぐりに。

横スカだから掻き回されれると・・・
横からさ・・・(*థ౪థ)www

腕が・・・
狙いを定めるように・・・(*థ౪థ)

そのまま
直ぐにカエル足状態へと誘導される。

足を絡めて、体を預けるパターン。

横スカを有効利用して、
隙間からのフクロウタッチ。
そして紙パンツの向こう側を目指す。

下から・・・上から・・・
そして横から・・・

踊るカエル足御殿。

そして
すっと横に体を倒す。

セラピストさんの太ももがSKB周りを優しく撫で回す。

手はB地区。そしてSKBへと・・・。

このタイミング横向きSKBも入ってくる。
後ろから下半身に纏わりつく感覚で
手が腕ごとグイグイと入ってくる。

踊り狂うほどにグイグイ掻き回される。

逆足へ行く前に真ん中に位置取り
中心SKB

ここでも光る匠の技。

腕、そして指先が
紙パンツの向こう側へと・・・、

いやこれはSKBトリートメント。
そう言い聞かせるが、素直w

ただただ天国なだけだwww

最後は
抱きつくように上から覆いかぶさり
優しく温もり肩トリートメント。

あ~、これ好きだわ。
なんか嫌なこと忘れるやつだなw

そしてお時間。

また来たくなるメンズエステ。
大人女子の安心感。

これ好きだなー。

この店もセラピストさんによって
施術内容が異なるようなので・・・、
他のセラピストさんでも是非とも試してみたいものだ。

飯田橋 一般メンズエステ Aroma Paraiso LADY(アロマパライソレディ) 


ご理解頂きたい事
あくまで超主観的な内容と感想と表現なので、必ずしもこの内容ではないし性的興奮を煽るようなものでは決してないことは理解して欲しい。※(内容やサービスが異なることは予めご理解頂きたい。)そしてかなり独自の独特な言い回しをしている。私が伝えたい内容と捉え方によって違う解釈になってしまうこともあるかと思うので、ブログ記事としての読み物的な感覚で面白おかしく見て頂くことが私の本意である。