お店の形状を理解する

店舗の形状はいくつもある。そしてそのその店舗の形状にあった楽しみ方や理解が必要である。

ワンルームタイプが楽しい!・・・そうとも限らない。逆に個室店舗型の方が凄かったり・・・。などなど実は色々と知っておくと参考になる部分も多いのである。

店舗型~開放型

受付の有無
支払い対象者 男性スタッフ
音漏れの有無

受付・・・このタイプのお店は基本的には先ずは受付がある。なので、お金の支払いでほぼ間違いなく男性スタッフと顔を合わせることになるだろう。

音盛れ・・・施術ルームの出入り口がカーテンなどのタイプが多いと思う。部屋の壁の上が開いているパターンも多いので音は確実に漏れるタイプである。

受付を通りスタッフさんに料金を支払うので「提示された料金以上を払わされるかも・・・」なんて心配が一切ない。

fa-check 注目すべき点は、音漏れ部分だ。

形状で言えば色々なお部屋の声が聞こえてきてしまう。ということはコチラの声も他の部屋へ漏れてしまうということ。

他の人にプライベートな話が聞かれたくないお話が好きな人にとってはオススメは出来ないが、お話が得意ではない人にとってはこのタイプはかなりオススメできるかも!?話をしなくても不自然さは一切無く、メンズエステを存分に楽しむことが出来る。

店舗型~完全個室型

受付の有無 有or無
支払い対象者 男性スタッフ
音漏れの有無 小~中

受付・・・このタイプのお店は基本的には先ずは受付がある。なので、お金の支払いでほぼ間違いなく男性スタッフと顔を合わせることになるだろう。最近では完全個室の店舗型で増えているのが受付やスタッフと顔を合わせないタイプである。ここまで来ると複数ルームのマンション型との違いはほぼ無い。

音盛れ・・・マンションタイプの複数ルームと同等と考えてよいだろう、むしろ部屋を一から作りこんでいるお店も多いので、逆にかなり音漏れを防いでいる所もあったりする。

fa-check 注目すべき点は、所属セラピスト。

安心感があるという部分で店舗型を選ぶセラピストも少なくない。でもって音漏れも少ない個室である部分もあるので古くからセラピストをやっている方が多く居たりする。メンズエステ暦が長いセラピストは基本的には濃厚サービスである。メンズエステの楽しみを十分に味わえることになる。

また、上記とは反してメンズエステ始めたての方が所属しやすい。新人さんはやはり安心感を求める。でも個室が良いというのは当たり前のことなのだろう。そういった部分で新人さんが好きな人にもオススメできる。

マンション型~複数ルーム

受付の有無 無し
支払い対象者 セラピスト
音漏れの有無

受付・・・受付は基本的にはないものとして考えるべきである。なので支払いも基本的には支払いもセラピストへ行うものである。

音盛れ・・・完全個室の店舗型と同等と考えてよいだろう。

fa-check 注目すべき点は、マンションであること。

完全個室の店舗型と同等で受付も男性スタッフを通さないし、音盛れ対策もとれてるなら完全個室店舗の方がいいんじゃないか?とおもうかもしれないが、店舗型はやっぱりそれらしい場所に入っていかないといけないという条件が付いて回ってくる。

でもまション型であれば、マンションに入っていくだけなので、それらしい場所に行くのが苦手という人でも抵抗無く行くことが出来るという部分である。

マンション型~ワンルーム

受付の有無 無し
支払い対象者 セラピスト
音漏れの有無 無し

受付・・・受付は基本的にはないものとして考えるべきである。なので支払いも基本的には支払いもセラピストへ行うものである。

音盛れ・・・ワンルームマンションを想像してもらえばそのものなので、気にする必要は無い。

fa-check 注目すべき点は、やっぱりワンルーム!

マンション型の良い所と店舗型の良い所を併せ持っているタイプであるといえる。他のセラピストの物音や他のお客さんに注意を図ることなくリラックス空間を満喫できる。

その代わり、完全に二人きりになってしまうことからセラピストさんにちょっとしたことですぐに警戒されてしまうというという部分もある。そういったことから玄関付近に監視カメラを設けているお店も多い。

ワンルームメンズエステに行く際は細心の紳士たる言動が求められる。

出張型

受付の有無 無し
支払い対象者 セラピスト
音漏れの有無 状況次第

受付・・・受付は基本的にはないものとして考えるべきである。なので支払いも基本的には支払いもセラピストへ行うものである。

音盛れ・・・これに関しては自宅もしくはビジネスホテルなので、その建物の状況次第であるとしかいえない。

fa-check 注目すべき点は、出張だということ。

デリヘルなどを呼んだことがある人は分かると思うが、それと流れは全く同様と考えてよいだろう。出向かずに自分の好みの場所でメンズエステを受けられるというのが最大の利点だ。また出張型はトリートメントがガチでうまいセラピストも多く在籍しており、本格的な解しを体感できたりする。また出張型であることからキモが座っているセラピストもいたりして、楽しくサービスしてくれるセラピストが潜んでいたりもする。

注意すべき点としては、到着前にシャワーを済ませるタイプと到着後にするタイプの両方があるので要確認である。

またドキドキワクワクのメンズエステではなく、本気での解しとリラクゼーションをテーマにしているお店も多くあるのでコチラの部分も要確認である。

形状によるサービス

サービスは店舗形状によって変わる!と思っている人も多いかもしれないがそれは間違いだ。

基本的にサービスの度合いはそのセラピストに比例するので、サービスのハードさの違いはセラピスト次第である。

開放型の店舗型の方が安心なので過激~♡ってパターンもあれば、ワンルームだから適当にやっても大丈夫でしょ?って思うセラピストもいるので本当に形状によって判断は難しいと思う。

関連キーワード