事故って何だし。

メンズエステの楽しみ、醍醐味ともいえることは何か…それは「事故」である。

事故って言うのはこういうことだ

  • まさか!一般メンズエステ店なのに、どうして!
  • あ…その強引さ…当たってます♡
  • そんなにそこを深くされたら…

ってことだw 意味わからないかもしれないが…察してくれ!わかってくれ!w

 

だから、事故は偶然の産物であると言いたい。

「いやいやいや、これは偶然じゃなくて…w」と思うこともあるが偶然の産物なのである!w

 

これだけは肝に銘じておいてほしい。

事故は、起こすものじゃなく起きるものなのである。(体w)

触って?はダメ

触ってほしいさ!そら触ってほしいさ!

でも…「触って」と言ってしまうのは、以前も述べたがサービスの低下いに繋がってしまうのである…(´;ω;`)

やり過ぎない上手なポジションをとっておくのがベストである!w

手を突っ込んで?もダメ

紙パンツの向こう側への強制的アプローチは、そらダメだ。

クレクレはNGである。

 クレクレとは?

・・・もっとして!やそこが刺激的だから直触ってとか。要するに「もっと!もっと!」とあつかましい要求をする人である。

可愛くよがってサービス精神をさぞかし仰いでくれwそれが一番である。

事故ってもらうために!

事故ってもらうために必要なこと。それは、

サービスしてあげてもいいな。

そう思ってもらう必要がある。その為には、

  1. オイタは厳禁
  2. 小太郎を強制的に出さない。
  3. もっとしてくれと直接的に言わない。
  4. 清潔感を大切にする。

 

とかが一般的であろう。

イケメンとか爽やかさ溢れる人にははなっから勝ち目が無い

清潔感って・・・元々の爽やかさのあるメンズには勝ち目が無い・・・。。。

私たちのようなものはその他を気をつけて満足サービスを受けられるような努力が必需なのかもしれない・・・。
切ないがそれが現実なのだ・・・。

紙パンツは神パンツ

紙パンツは、はいているからこそ事故が起こるのである。

それを脱いでしまうなんて…これは紙パンツ太郎から言わせてもらえば、楽しみ半減である。

というか、ドキドキ感が…

「紙パンツをはいているのに!?

  え!?なんで!?ウフフ♡…あ…♡」

これが楽しい…そう私くらいになると思うはずだw