fa-shower アロマサボン店舗情報

 驚きのOP発動!緩急つけたSKBに暴走寸前٩( 'ω' )و

 

fa-map-marker位置 北千住駅から5分くらい!

fa-user名称 AROMA SAVON~アロマサボン

部屋タイプ LDK以上(一軒家)
紙パンツ ノーマルTバック
オイル塗布量 大量

fa-check割引利用でこの価格!

初回限定価格:90分 / ¥17,000- ※「紙パン通信を見た」で終日フリーのお客様限定!2,000円OFF

エグゼクティブコース 90分  ¥16,000 -
オプション  ¥3,000 -
エステーション割引  2000円引き

太郎的口コミ情報

揉み解し

キワキワ

カエル足、小鹿、下っ腹、コマネチ

さわさわ

ドキドキ

おっふレベル・・・、【星3つ】
  • 2月OPENの新規店。
  • 北千住駅から徒歩3分の好立地な一軒屋!
  • 後半怒涛!
  • 北千住は実は超ハード!?

体験レポート

北千住 メンズエステ AROMA SAVON

久々の訪問となる北千住エリア。

 

このエリアにまた新規店がオープンしたと聞きつけ、
早速凸ってきましたぞ(✿´ ꒳ ` )

 

北千住の駅から歩いて徒歩3分ほど。

 

電話連絡を入れて場所を案内してもらうと、
駅前の喧騒からは少し離れた閑静な住宅街に佇む一軒屋。

 

早速インターホンを鳴らしてセラピストさんとご対面!

 

モデルさんのようにスラリと伸びる白い手足に
キュっと引き締まった美BODY!

 

そして優しく微笑むその顔からは
大人のエロさも出ているような気がするw

 

黒い衣装だから綺麗な肌がめちゃくちゃ映える( *´艸`)

 

丁寧な挨拶を済ませ、
案内されるのは2階のお部屋。

 

階段を登り案内されたその先には
広いお部屋٩( 'ω' )و

 

コースとオプションの説明をしてもらい、
気になるEVOオプションを追加⁄(⁄ ⁄•⁄-⁄•⁄ ⁄)⁄

 

お支払い⇒着替えの流れを済ませシャワーへ!

 

一軒屋だからバスルームも結構広く、
アメニティも充実している。

 

そして紳士のたしなみとも言える
戦闘着を身に着けいざ戦場へ!

 

お部屋に戻るとお茶が用意されており、
ゆったりと頂き心を落ち着ける。

 

そしてうつ伏せからスタート。

 

先ずは背中の指圧から始まるが、
経験も長いのか、かなりグっと来る指圧。

 

掌底で全体的に揉み解し、
そこから指による指圧で細部まで行き届く施術。

 

あまりの心地よさに油断してたら寝ちゃいそうw

 

足の先まできっちりと指圧によるトリートメントを施すと、
ここからオイル施術が開始となる。

 

足先チャンスでちょこんと座り、
脹脛からポタポタとオイルをふりかけていくのだが、
そんなに落とす!?ってくらいドバドバwww

 

そのためオイルを伸ばす手も吸い付くように流れ
しっかりと隅々まで指圧を施す。

 

太ももにもドバドバオイルを落とし、
そこからロングなストロークでオイルを伸ばしていき、
キワにも指先サワサワタッチ( *´∀`)

 

先ずは軽いご挨拶から済ませ、優しく起こす。

 

しかし今はまだその時ではないのか、
軽い挨拶だけに留めてお尻をゴリゴリ。

 

オイルを使った指圧がとても上手く
王道メンズエステとも言える極上のトリートメント。

 

そこから乗馬スタイルに移って
腰~背中のトリートメント。

 

トリートメントと癒しに比較的長い時間をかけるセラピストさんだが、
これだけしっかりしているとSKBへのアプローチにも期待が持てる( *´艸`)

施術が始まってからの静けさは
嵐の前の静けさだったのか、
一気にテンションマックス(*థ౪థ)w

 

そしてこの状態で
カエル足。

 

お尻から膝の辺りにドバドバとオイルを落とし、
伸ばしながらもチョンチョンとキワへのアプローチをしてくる指先。

 

チョンチョンされる度にピクピク反応をするSKBと戯れるように
指先を深く深く滑り込ませる。

 

そして外側からも深いストロークでキワッキワを攻め
腕までズッポリと٩( 'ω' )و

zawazawa

まだ何か凄いのが来る気がする・・・

 

その予感は的中し、次第にストローク速度が上がっていく。

 

そしてついに!!!

 

上からも下からもズボズボアプローチ
キワから巾着を巻き込むようにしてSKBを通り過ぎ、
横っ面を豪快にかすめてくるやつwww

 

内側~
外側

内側

外側

 

リズムよく交互に激しく出し入れされている(ง°̀ロ°́)ง

 

来る予感がしてはいたが、
ここまで激しく攻められると腰が浮きまくり!!ドキ(*♥д♥*)ドキ

 

おっとりした見た目や話し方なのに
一体どこからこのドSっぷりが出てきているのかw

 

もう片方のカエル足でも見事な攻めっぷりを発揮し、
フリーダムなSKBゾーンへの躊躇ない潜り込みは
もはや確信犯なのでは?と思うほどだ( ´꒳` )

 

 

その後で
小鹿のポーズ。

 

直立不動で仁王立ちのソレを尻目に
先ずは背中にポタポタとオイルを落とす。

 

後ろから超接近戦で
包み込むように背中から包み込む動きでB地区周り。

 

そのまま全体に流すように動きながらも
フェザーなタッチを交えたゾクゾクする動きである٩( "ω" )و

 

徐々にその指先は下へと降りていき、
お尻をナデナデサワサワ。

 

割れ目に沿って指先を進めると
※印付近でもギュっとツボ押し。

 

そのままジェットコースターのように曲線に沿って滑り、
勢いを増してSKBの向こう側へ。

 

肘の辺りまで一気に飲み込むと、
かすめてくる動きでB地区サワサワな柔らかタッチ( *´∀`)

 

緩急のある動きに翻弄され、
いつの間にか足はガクガク、腰はビクビク。

 

これぞ生まれたての小鹿⁄(⁄ ⁄•⁄-⁄•⁄ ⁄)⁄

 

片方の腕がしっかりB地区まで届くと、
そこからもう片方の腕も追従するように後を追い、
ギュウギュウに挟み込みこねくり回すw

TYTfrIm

ストロークされる度にブレイクダンスを踊り、
悦びを全体で表現しているのが鏡に映った情けない状態からでも分かる。

 

予想外の動きを重ねながらもさらにキワッキワに攻め込み、
たまに強く攻めてくるこの動き・・・(*థ౪థ)www

 

一旦激しさを落ち着け、
今度は2本指を使ってキワをカニ挟み(✿´ ꒳ ` )v

 

※印の下から巾着に向けて
グイグイ圧を加えながら挟み込まれると
近づくたびにビクつくw

 

同時に腰もピクンと反応して恥ずかしいけど嬉しいこの瞬間( *´艸`)

 

ガクガクしすぎて体勢維持するのがキツいわwww

 

 

北千住 メンズエステ AROMA SAVON

 

 

仰向けへ。

 

いきなりの真ん中SKBである。

 

とは言っても真ん中に陣取って先ずは
太ももの辺りからオイルによるトリートメント。

 

しかしOPが発動したこの状況では
物凄く羞恥心を煽る格好と言っても過言ではないwww

 

ゆっくり丁寧な手の運びで
リンパの流れるラインを刺激。

 

ゆっくり、着実にSKBを目指す指先は
部分的に力を込めながら進み、
優しくキワへアプローチ。

 

そしてまた来ますよ!!!あの大波が・・・

zawazawa

そこにあるはずの紐が消えてしまったのかと錯覚するような
鋭く、滑らかな差し込みで向こう側へと通過し、下っ腹をサワサワ。

 

勢いはそのままにB地区にもサワサワタッチを交え、
腕が左右に振られるたびに元気づける動き(*థ౪థ)

 

そして両腕を使ってキュ~っと締め上げ、
そのままグリュングリュン( ´꒳` )

 

身がよじれるほど悶絶するって
これだけメンズエステに通っていてもなかなかできない体験であるw

 

 

その後はおもむろに立ち上がり、
頭の上から乗っかりTIME。

 

デコルテにオイルポタポタ。
掌で伸ばしながらもデコルテには圧のあるしっかりトリートメント。

 

しかもデコルテをトリートメントしながらも
B地区ではピアノ弾きの手つきに変わるテクニシャン٩( "ω" )و

 

さらに奥深くまで指先が伸びていくと、
下っ腹からSKBに狙いを定め
haihai

猛スピードで前進w

 

鼻先をかすめるOPIが目の前を行ったり来たり
乗っけるんじゃなくてさりげなく乗っかっちゃうくらいっていいよね(๑´ㅂ`๑)w

 

その先にあるSKB、キワへと到達すると、
目の前に物凄いドキ(*♥д♥*)ドキな光景。

 

そらこの体勢でそんな深くまですすんだらそうなるわなwww

 

接近戦も接近戦。
鼻との距離は数センチあるかないか(*థ౪థ)w

 

ビクンビクンと反応するSKBを
楽しそうに笑いながら躍らせる指先は
その状況を楽しんでいるかのように激しさを増す。

 

腰が跳ねる度にさらにドキドキ倍増である⁄(⁄ ⁄•⁄-⁄•⁄ ⁄)⁄

 

悶絶というか・・・拷問!?www

 

そしてここでお時間。

 

いまだ目に焼きつく目の前の光景を思い出しながら
着替えまで収まらなかったw

 

やはり最近熱いエリアと評判の北千住。

 

こりゃまた近いうちに来るしかない٩( "ω" )و

 

北千住 メンズエステ AROMA SAVON


ご理解頂きたい事
あくまで超主観的な内容と感想と表現なので、必ずしもこの内容ではないはずである。そしてかなり独自の独特な言い回しをしている。私が伝えたい内容と捉え方によって違う解釈になってしまうこともあるかと思うので、参考資料というより面白おかしく見て頂けることが一番である。と最近本気で思う。